面接時間はどのくらいか

たとえアルバイトであるにしても、働くということは社会人としての最低限のマナーを守らなければなりません。それは面接のときから要求されるのが常でしょう。とりわけ大事なのが時間です。
時間厳守は社会人としての常識ですが、ありがちなこととして面接時間の勘違いというものがあります。時間を勘違いして覚えてしまっていたがために遅刻をしてしまったなどということがあったりするので、事前にしっかりと確認しておくということが大切です。よくある間違いとして、15時からというのを午後5時からと勘違いしてしまうことがあったりします。情報に間違いがないか見落とさないようにしましょう。そして何よりも時間に遅れないということが大切ですが、当日は何が起こるかわからないものです。電車が遅れたりしたとしても、遅刻は遅刻として許してくれないということも良くあります。初めていく場所だったりすると道に迷ってしまうこともあるでしょう。また、渋滞に巻き込まれてしまうということもあります。なのでできるだけ早い時間に出かけるようにして、時間に余裕を持った行動をするということが肝心です。しかし逆に時間に余裕を持ちすぎて予定時間より大幅に早くついてしまうということもあります。早く付き過ぎてしまうと、まだ準備ができていなかったり、他の面接をやっていたりすることがあり、かえって社会人としてのマナーを疑われてしまうこともあるので、そのあたりにも注意を払うようにしましょう。

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>